国民のための管楽器図鑑

 このコーナーでは、いわゆるオーケストラ楽器と呼ばれるもののうち、主に管楽器についての解説をしています。毎回一つの楽器に絞って、その特徴や演奏に関するエピソードなどを紹介したいと思っています。音楽に詳しくない方にもなるべく分りやすいように、専門用語には用語解説のリンクを設けましたので、そちらを参考になさってください (別ウインドウまたは別タブで開きます)。今月は「フルート」です。
 音名表記はすべてドイツ音名です。


フルート
flute / flûte / Flöte / flauto / 长笛

リングキー
リングキー・H 足部管付き
カバードキー
カバードキー (クローズドキー)

C の楽器 / ト音記号 / 実音で記譜

材質 金、純銀、洋銀、プラチナまたは木製など。頭部管のみ高級な金属を使用する場合もある。入門用には真鍮製に銀やニッケルメッキを施したものなどがある。
お値段 2 ~ 1,000 万円くらい。
専門的呼び名 フエ。

 フルートはリードを持たない、無簧 (むこう) の木管楽器である。現在のフルートの多くは金属製で、木製のものはあまり使われていない。楽器の価格はおおむね使用する金属によって左右され、プラチナ製でキーに 14 金を使用しているものなどは非常に高価であり、また貴金属の相場によって価格が変わる。金の含有量の多い楽器は芯のある華やかな音質であるが、楽器の重量が重いので演奏もハードである。
 フルートは頭部管・胴部管・足部管の三つの部分からなっており、頭部管の内面は先端に向かってわずかに細くなっている。この円錐形の具合が音質や音程に大きな影響を与えるため、各楽器メーカーによって微妙に形状が異なっている。このため頭部管は製作したメーカーでないと調整できないのが通常である。また、最低音の C より下の音を出すため、長さを増してキーを余分に取り付けた「H 足部管」もある。
 キーにはリングキー (写真上) とカバードキー (写真下) があり、前者は指でトーンホールを押さえ、後者は各々のキーにタンポがついている。カバードキーは主に入門用に使用され、一方リングキーは運指はシビアだが演奏上の自由が利く。

フルートの音域

1 図「フルートの音域」


 フルートは実音で記譜される。音域は 1 図の通りであるが、練習次第ではさらに上の F くらいまで出るようになる。最低音域を出すのは難しく、大きな音量は見込めない。H 足部管を取りつければ、半音下の H まで出るようになるが、音質を損なうとか高音域で融通が利かなくなるなどの理由で、使用することはあまりない。
 フルートの歴史は大変古く、横笛としての原形は紀元前 5 世紀ころにまで遡ることができる。現在のフルートが完成したのは 1847 年で、あらゆる木管楽器に革命的な進歩をもたらしたベーム式のキーシステムが採用された。これによって音量の増大とバランスの均一化が実現したのである。またこのときから最低音が D から C になった。
 フルートは管弦楽吹奏楽などの幅広い分野で使用されている。管弦楽では主要木管楽器 4 種 (フルート、オーボエ、バスーン、クラリネット) の一つで、弦楽器による均一で統制の取れた合奏に彩りを添える役目を持っている。またジャズや軽音楽で使用されることもあり、ますます活躍の場が広がっている。管弦楽の場合の定員は 2 ~ 3 人、吹奏楽の場合は 3 ~ 6 人程度である。普通どちらも第一と第二の 2 つのパートに分かれていて、時には第三フルートが加わることもある。ピッコロは第二か第三奏者が持ち替えて吹くのが一般的である。特異な例は国立音楽大学ブラスオルケスターで、大学の授業の一つとして楽団を組んでいるため、専攻者の多いフルートパートは 20 人にも及ぶ。
 なお、同じフルート属にはピッコロのほか、アルトフルートバスフルート、普通のフルートよりやや小さい G 管のトレブルフルート、逆にやや大きい A 管のフルートダモーレなどがある。


有名フルートメーカー 4 社へのリンク

ムラマツ
宮沢
パウエル
三響


フルート雑記帳

 私は中学校に入学してすぐに吹奏楽部に入部したため、楽器経験の年数は一応 20 年 (げげっ、もうそんなになるか) ということになる。吹奏楽部というのは他の多くの部活動と違い、たくさんの部員がいて、しかも男女混合である。したがって中学に入って初めての恋は、やはり同じ部活で 2 つ上のトロンボーンの先輩であった。この人は大変美しい人で頭も良く、今風に言えば私にとって「ちょっと無理め」の存在だった。この時はたまたまトロンボーンの人だったが、その後、私が好きになる人の多くはクラリネットを吹いていた。私は管楽器の中でクラリネットがいちばん好きである。クラリネットはトロンボーンと同様に、通常の演奏ではヴィブラートをかけない楽器である。その音の透き通るような清純さが好きだし、ときにはキャラメルのような甘い艶のある音で早い音符を渡って行く茶目っ気が好きである。クラリネットの次に好きなのはフルートである。吹奏楽団で合奏練習していると、トロンボーンの席からフルートの様子が良く見える。指揮者の注意を聞きながら、何気なく視線を泳がせていると、フルート奏者の女の子と何度も目が合ったりして、「モシカシタラコノ子ハ俺ニ気ガアルノデハナイダロウカ」などと、勝手な想像を巡らせる。もちろん勘違いである。ちなみにフルートやピッコロを吹いている女性は度胸が据わっていて大変気が強い (と思うが抗議はメールにて)。
 フルートは 2 万円ほどで買えるので、私も少し練習しようかと思ったことがあったが、先月にも紹介した美恵ちゃんの楽器を吹かせてもらって、難しそうなのでやめた。運指はそれほどでもないが、息のスピードと角度を変えてオクターブ上の音を出すことができない。第 3 オクターブなど夢のまた夢。サイズは小さいが、とても多くの息を必要とする楽器である。
 私の友人の一人は、バストロンボーン奏者でありながら、なんと楽器まで買ってフルート教室に通っている (実は私もクラリネットを買ったことがある)。先生が美しい人なので納得したが、通い始めて何年にもなるのに、未だに第 2 オクターブを出すのに四苦八苦している。やはりミュージシャンはさらってなんぼの稼業である。あれだけ上手なのだから、もっと本業のバストロを練習して腕を磨けばいいのに・・・。ちなみにバストロンボーンはトロンボーンと同じような形をしているが、トロンボーンの 10 倍くらい難しい楽器で、年々専攻する人が減っている。続けてくれよー、M 山。

参考文献:新音楽辞典 (音楽之友社) / 新版吹奏楽講座 (同) ほか
資料提供:福岡フルートオーケストラ
記述:1998 年 2 月



戻る ホーム