国民のための管楽器図鑑

 このコーナーでは、いわゆるオーケストラ楽器と呼ばれるもののうち、主に管楽器についての解説をしています。毎回一つの楽器に絞って、その特徴や演奏に関するエピソードなどを紹介したいと思っています。音楽に詳しくない方にもなるべく分りやすいように、専門用語には用語解説のリンクを設けましたので、そちらを参考になさってください (別ウインドウまたは別タブで開きます)。今月は「ピッコロ」です。ご存知でしょうか、フルートの約半分の長さしか持たない、とても高い音の出る小さな楽器です。
 音名表記はすべてドイツ音名です。


ピッコロ
英仏 Piccolo / ottavino / kleine Flöte / 短笛

ころぴつ

C の楽器 / ト音記号 / 実音の 8 度下に記譜

材質 銀製または木製または頭部管のみ銀製など。入門用には真鍮製に銀メッキまたはニッケルメッキを施したものなどがある。
お値段 8 ~ 100 万円くらい。
専門的呼び名 フエ (フルートも含めた呼び方)。コロピツ。

 ピッコロはフルートと同じ仲間の木管楽器で、管楽器の中で最も高い音域を受け持つ。楽器の機構はフルートとほぼ同じであるが、フルートに比べて管の長さが約半分であり、したがってその音域はフルートより 1 オクターブ高い。またフルートは頭部管・胴部管・足部管の 3 つから成るが、ピッコロには足部管がないため、フルートには出せる最低音の実音 C と Cis は出すことができない (フルートも古くは足部管がなく最低音は D であった)。1 図はピッコロの音域である。最低音域や最高音の B や C を出すのは難しい。

ピッコロの音域

1 図「ピッコロの音域」


 1 図を見て分かるように、実音で記譜すると加線がやたら多くなり、読みづらいことこの上ないので、実音より 8 度すなわち 1 オクターブ低く記譜して、読みやすくしているのである。またピッコロはフルート奏者が持ち替えて吹く場合が多いので、同じ音符を同じ指遣いで演奏できる利点もある。
 ピッコロはもっぱら管弦楽吹奏楽で使用される。たまにソロやフルートによるオーケストラでも使用されるが、フルートアンサンブルにピッコロが入ることは稀である。またジャズや軽音楽で使用されることもあまりない。定員は、どんなに大きな編成でもほとんどの場合 1 人である。ただし祝祭的なコンサートなどで、特定の曲をフルート奏者が全員ピッコロに持ち替えて演奏する場合がある。
 ピッコロはオーケストラ楽器として完全に定着し、管弦楽や吹奏楽で重要な役割を担っているが、他の多くの楽器と同様に、一つの楽器として完成されているわけではない (数ある楽器の中で完成していると言えるのはピアノくらいではないだろうか)。まず第一に楽器のバランスが非常に悪く、奏者は音程を合わせるのに一苦労する。またピッコロは高音域では輝かしく華やかな音だが、低音域は音程が悪く音質も貧弱で、ほとんど使いものにならない。もっともピッコロの低音域はフルートが演奏すればいいわけで、作曲者はピッコロの高音域の華々しさを十分に生かすような工夫している。
 フルートやピッコロは、現代の木管楽器の中で唯一ハーモニクスを出すことができる楽器である。したがってクラリネットやサクソフォンのように、レジスターキーを使わずに済む。加えて機能的なキー配列によって、速いパッセージやトリルなども自由自在である。またリードがないので速いタンギングフラッタータンギングなども容易に演奏できる。


ピッコロ雑記帳

 ピッコロはその可愛らしい姿に反して、演奏するには大変な度胸が必要な楽器である。吹奏楽団では一般的に客席の目の前が定位置である。トロンボーンやトランペットなども大きな音が出せて、ここ一番という時には他の楽器を圧倒することができるが、そういうのはだいたいユニゾンで他にもかぶっている楽器があるから、少しくらい音を外したりオチたりしても分かりはしない。定員の多い吹奏楽団などでは、コンサートをフルに演奏するのはしんどいと、本番中に指だけ動かして休んでいる者さえいる (俺だ)。しかしピッコロはその輝かしい高音のために、他の楽器がいくらフォルテで頑張っていても、常にお客の耳元に音が届いてしまうのである。したがってトチってもオチてもすぐにバレるし、疲れたからといってサボることも許されない。まことに気の毒な楽器である。
 私の友人のピッコロ奏者 (本人はフルート奏者と言い張っている) の美恵ちゃんは、普段はとても愛くるしい女性だが、舞台度胸は私など足許にも及ばない。私は気が弱く、ソロなどあると本番の一年前からドキドキして、本番では必ずハズしてしまうが、美恵ちゃんはたとえスタンドプレイだろうと、すっくとチータしてお客の目の前だというのに顔色一つ変えずにさらりとやってのける。もちろん普段の地道な練習があるからこそなのだが、いつもの可愛らしい物腰とのギャップが激しくて、新鮮でかっこいいと思う。

参考文献:新音楽辞典 (音楽之友社) / 新版吹奏楽講座 (同) ほか
記述:1998 年 1 月



戻る ホーム