土讃線・普通


 土讃線 266D、土佐岩原~阿波池田です。キハ 58 178 の窓辺で録音しました。この翌日に、阿波池田から伊野まで 733D に乗る予定だったので、練習を兼ねて録音してみました。反対側の窓も開いていたためか、2 個のエンジンの微妙な音程の違いが分かります。始発の高知から乗っていたのですが、乗客の多くは土佐山田までで降りてしまい、それ以降は同業者が 7 ~ 8 人いる程度でした。編成は阿波池田方からキハ 28 2148 - キハ 58 178 - キハ 58 198 の 3 輌です。停車中の車内は静かなもので、エンジン音よりも線路端の虫の声の方が大きいくらいです。祖谷口~三縄はかなりぶっ飛ばします。JR 四国のキハ 58 系 (およびキハ 65) は、2008 年 10 月 15 日をもって定期運用を終了しました。引退間際は、この山あいの路線もいっときの賑わいを見せたことでしょう。
種類走行音
ファイルフォーマットMP3 (MP3)
OGG (Vorbis)
ビットレート256kbps (CBR)
ファイルサイズ 92MB
再生時間50 分 17 秒
録音日2008 年 9 月 8 日
列車土讃線 266D
車輌キハ 58 178
区間土佐岩原→阿波池田
録音機R-09
※再生できない場合はこちらをご確認ください。

関連資料
写真1 写真2
↑高知駅前の様子。南国っぽいですね。 ↑高知駅前は再開発工事の真っただ中でした。反対側は完成しています。
写真3 写真4
↑高知運転所から回送で 266D が入線してきました。 ↑キハ 58 198 の車内です。トイレもデッキ仕切りも撤去されています。
写真5  
↑阿波池田に到着。ホームから留置線に引き上げて一晩過ごします。  

戻る ホーム