東海道本線・特急「はまかぜ 5 号」


 北海道出身の管理人にとって未知の気動車であり、乗ることが長年の夢だった、キハ 181 系の特急「はまかぜ」です。便宜上東海道本線と表記していますが、東海道本線~山陽本線~播但線~山陰本線を経由する列車です。キロ 180 12 の洗面所の窓辺で、外部マイク (audio-technica AT9440) を使いました (何度か手を洗う音が入っています)。すべての区間を録音しましたが、福崎から先は、単線トンネルに突っ込んだ時の風の音が特にひどいです。城崎温泉から先は聞くに堪えないので公開を見送りました。全体的に車輪の偏磨耗の音が大きいです。エンジン音が聞こえるのは主に発車時で、走行中は他の騒音にかき消されています。歪んでしまった部分も多く、良い録音とは言えませんが、ご勘弁ください。途中で電池交換を行ったため、福崎停車中に一部カットしています。車齢約 40 年となり、老体に鞭打って走り続けてきキハ 181 系ですが、ついに「はまかぜ」も 2011 年春に新型車輌に置き換えられることになりました。
種類走行音
ファイルフォーマットMP3 (MP3)
OGG (Vorbis)
ビットレート256kbps (CBR)
ファイルサイズ337MB
再生時間3 時間 04 分 00 秒
録音日2008 年 9 月 6 日
列車東海道本線 5D
車輌キロ 180 12
区間大阪→城崎温泉
録音機R-09 / AT9440
※再生できない場合はこちらをご確認ください。

関連資料
写真1 写真2
↑入線待ちしていたら、別のホームに「はまかぜ 4 号」が到着していました。残念。 ↑暇だったのでこんなものも撮ってみました。
写真3 写真4
↑入線は発車のわずか 3 分前。余裕なさすぎ。 ↑グリーン車のシート。乗客は管理人 1 人だけ。列車全体でもたった 70 人ほど。
写真5 写真6
↑姫路停車中。もう真っ暗です。 ↑似たような写真ばかりですが、終点の鳥取です。
写真7  
↑おまけ。香住駅の巨大カニばさみ。  

戻る ホーム