鹿島鉄道・普通


 2007 年 1 月 19 日録音。鹿島鉄道 22レ、鉾田~石岡です。キハ 601 の網棚で録音しました。キハ 601 は 1936 年に川崎車輌で製造された国鉄キハ 42000 (42013) が原形で、鹿島鉄道では日本最古の気動車として活躍していました。客用ドアが運転席の直後にあるためワンマン運用に向いていて、また冷房化もされているので、日中の時間帯に積極的に使われていました。エンジンは国鉄制式の 8 気筒 DMH17C (180PS / 1,500rpm) です。
種類走行音
ファイルフォーマットMP3 (MP3)
OGG (Vorbis)
ビットレート256kbps (CBR)
ファイルサイズ 95MB
再生時間51 分 56 秒
録音日2007 年 1 月 19 日
列車鹿島鉄道 22
車輌キハ 601
区間鉾田→石岡
録音機R-09
※再生できない場合はこちらをご確認ください。

関連資料
写真1 写真2
↑キハ 602 の台車 (TR-29)。1 月 11 日石岡機関区にて撮影。 ↑石岡機関区で休むキハ 601 と キハ 602 (1 月 11 日)。
写真3 写真4
↑鉾田で発車待ちのキハ 601。 ↑キハ 601 の運転台。青で塗るというのは初めて見ました。
写真5  
↑キハ 601 の連結器と銘板。昭和 11 年川崎車輌製造。  

戻る ホーム