高山本線・普通


 高山本線 852D、富山~越中八尾です。キハ 28 2346 で、進行方向右側の車窓から撮影しました。富山市では高山本線活性化社会実験の一環として、平日の朝に富山~越中八尾を結ぶ区間列車を走らせています。これらの列車にはキハ 58 系 2 本 (計 4 輌) が充当されていて、一定の走行距離で交替しています。1980 年代までは、長大編成を組んで日本の津々浦々を駆け抜けたキハ 58 ですが、2009 年 3 月現在、定期列車として走るのはこの 4 輌だけになってしまいました。いずれの車輌も老朽化が激しく、いつまで走り続けられるか分からないので、暖かい日を選んで乗りに行きました。設置場所の関係で窓から離して置いたため、カメラや反対側の窓が写り込んでいますがご容赦ください。2009 年 3 月 19 日撮影。なお、同じ列車の走行音も公開していますので、こちらからご覧ください。
種類動画
ファイルフォーマットMP4 (H.264 / AAC)
WebM (VP8 / Vorbis)
OGG (Theora / Vorbis)
大きさ768 × 432
ファイルサイズ385MB
ビットレート2,048kbps (VBR)
再生時間26 分 10 秒
撮影日2009 年 3 月 19 日
列車高山本線 852D
車輌キハ 28 2346
区間富山→越中八尾
撮影機DMX-HD1010 (RW-W-40.5)
※正常に再生できない場合はこちらをご覧ください。
※ダウンロードが途中で止まる場合は、ブラウザのキャッシュをクリアしてみてください。



関連資料
写真1 写真2
↑越中八尾駅。おわら風の盆の時はものすごい混雑になるそうですが、この時期は平和。 ↑越中八尾駅で発車を待つ 849D。キハ 58 系は富山~越中八尾を 3 往復します (回送含む)。
写真3 写真4
↑キハ 28 2346 の車内。セミロングシート化されていますが、デッキ仕切りは残されています。 ↑モケットこそ茶色ですが、原型を留めているのは嬉しいです。

戻る ホーム