真岡鉄道・普通


 2009 年 2 月 15 日に撮影した、真岡鉄道 124 列車の進行方向右側の車窓です。車輌はモオカ 14-2、区間は茂木~益子です。日曜日の正午すぎという、本来なら閑散としている時間帯ですが、SL 列車の運転日でもあり、また益子に向かう観光客などもいて、車内はかなり賑やかです。最近では珍しく発車時に警笛を鳴らしますが、SL 列車の運転日は、ホームだけでなく沿線にもファンが詰めかけているので、注意を促す意味もあるのかも知れません。このモオカ 14 という気動車は 2002 年に最初の 2 輌がデビューしましたが、当初から故障が頻発したため、メーカーである富士重工の担当者が添乗までして保守にあたったそうです。また、富士重工はその数ヶ月後に鉄道車輌事業から撤退したため、同社にとってモオカ 14 は最後の製品だったそうで、残念ながら有終の美を飾ることはできなかったようです。
種類動画
ファイルフォーマットMP4 (H.264 / AAC)
WebM (VP8 / Vorbis)
OGG (Theora / Vorbis)
大きさ768 × 432
ファイルサイズ392MB
ビットレート2,048kbps (VBR)
再生時間26 分 41 秒
撮影日2009 年 2 月 15 日
列車真岡鉄道真岡線 124
車輌モオカ 14-2
区間茂木→益子
撮影機DMX-HD1010 (RW-W-40.5)
※正常に再生できない場合はこちらをご覧ください。
※ダウンロードが途中で止まる場合は、ブラウザのキャッシュをクリアしてみてください。



関連資料
写真1  
↑茂木駅で発車待ちのモオカ 14-2。性能はともかく、この塗色はいかがなものかと・・・。  

戻る ホーム