国民のための管楽器図鑑

 このコーナーでは、いわゆるオーケストラ楽器と呼ばれるもののうち、主に管楽器についての解説をしています。毎回一つの楽器に絞って、その特徴や演奏に関するエピソードなどを紹介したいと思っています。音楽に詳しくない方にもなるべく分りやすいように、専門用語には用語解説のリンクを設けましたので、そちらを参考になさってください (別ウインドウまたは別タブで開きます)。最終回の今月は「チューバ」です。文中では B 管と C 管のコントラバスチューバを基準にして記述しています。その他の調性の楽器についてはリンクをご覧ください。
 音名表記はすべてドイツ音名です。


チューバ
英仏伊 tuba / Tuba / 抱号

B または C の楽器 / へ音記号 / 実音で記譜

材質 真鍮製にラッカーを塗布したり、金や銀、ニッケルメッキを施したものなどがある。
お値段 30 ~ 300 万円くらい。
専門的呼び名 バーチュ。

 現在単にチューバというと、サクソルン属の低音楽器であるバスチューバまたはコントラバスチューバを意味する。ここでもこれらの楽器について解説するが、そもそもチューバという名は円錐管の金管楽器を指す広い意味の語であり、ワーグナーチューバ (B テナーおよび F バスの二種がありホルン奏者が持ち替えて演奏する) については、ここでいう「チューバ」とは分けて考えるべきである。下記に現在一般的に考えられているチューバの定義を記す。

チューバ チューバは最低音域を受け持つ巨大な金管楽器で、その重量は 10 ~ 15kg に達する。管の内径は 19 ~ 22mm 程度、マウスピースのカップの内径は 30 ~ 33.5mm 程度のものが標準的に用いられている。音階は他のバルブ式の楽器と同様に 3 ~ 6 本のピストンまたはロータリーを用いて奏する。バルブの操作法はマウスピースに近い側から順に 1 ~ 3 (または 4) 番が与えられ、それぞれ異なった長さの迂回管が取りつけられている。特徴的なのはピストンバルブ式とロータリーバルブ式が奏者の好みで使い分けられているという点で、ロータリーとピストンを併用している楽器も存在する。1 ~ 3 (または 4) 番が垂直のピストンで右手で操作するタイプをアップライト、ピストンまたはロータリーが管体の中央部にあるものをフロントアクションと呼ぶ。なお、4 (または 5) ~ 6 番については片方の空いた手で操作する。管長はピストンを開放した状態が最も短く、1 番を押すと倍音列全体の音程が 1 全音分下がる。同様に 2 番では 1 半音分、3 番では 1 全音 + 1 半音分下がるので、この組み合わせで音階を奏する。4 番については二つの種類があり、一つは音程補正用としての役割を持つ場合で、1 番と 3 番ピストンを合わせた管長の迂回管を持ち、音程は 2 全音 + 1 半音分下がる。もう一つはこれを押すことによって楽器全体が移調されるもので、一般にはコンペンセイティング・システムと呼ばれているが、要するにセミダブル式のチューバということである。5 ~ 6 番は C 管や F 管で最低音域を奏する時の音程補正用である。このほかトリガーを装備している楽器もある。
 なお、一部のメーカーから 3 ~ 4 本のピストンバルブを装備した楽器が「バス」の名称で発売されているが、チューバの定義の一つである基音が発音できない上に (疑似的に出すことは可能)、バルブが 3 本のものは低音域に演奏できない音がいくつかあるので、これらをチューバと呼ぶかどうかは微妙な問題である。加えてバスチューバに分類される Es 管が上記の「バス」と同じ機能と構造を持っていることが、一層この楽器の分類を難しくしている。

チューバの音域



チンバッソ
チンバッソ
 上記の音域は最も多く使われている B 管のもので、管長は約 5.5m (C 管は 約 4.9m) に及ぶ。これらはコントラバスチューバとして分類され、BB チューバ (C 管は CC チューバ) と呼ぶ場合もある。日本では大バスという名前がある。記譜はどのようなチューバももっぱら実音でヘ音記号を用いる。最低音域は実用的ではなく、技術的にはむしろ高音域を拡大する方が容易である。
 もともと管弦楽において低音域を担当していた管楽器はセルパンオフィクレイド、チンバッソ (コントラバストロンボーンの一種) といった、音孔やスライドで音階を奏する楽器であったが、ピストンバルブが発明され、現在のチューバが誕生した 19 世紀初頭以降はたちまち廃れてしまった。これはこれらの楽器が操作性に乏しかったり、音色や音量が貧弱だったためで、こういった短所を克服したチューバは後期ロマン派以降の管弦楽作品に積極的に取り入れられていくことになる。現在これらの古楽器が使われている楽曲はほとんどの場合チューバで演奏されているが、音域が高いためかなり辛い仕事のようである。
 チューバの音色は重厚で、演奏には体力と肺活量が必要である。楽曲の中での用いられ方は様々で、管弦楽の場合は低音域がを補強したり、トロンボーンやホルン、または金管全体のハーモニーに加わったりする。吹奏楽の場合はこのほかに行進曲のベースラインを刻むという重要な役割がある。高音域を伴うソロではピストンバルブの楽器の方が音の輪郭がはっきりして、操作性も良いようである。またこの場合 F 管や Es 管が用いられることがある (下記リンクを参照・同ウインドウ)。

Bass Tuba [Es] Bass Tuba [F]
・Es の楽器
・ヘ音記号
・実音で記譜
・F の楽器
・ヘ音記号
・実音で記譜


 チューバは主に管弦楽吹奏楽ブラスバンドで使用されているが、ジャズを含めソロでも活躍している (ビッグバンド編成にはあまり加わらない)。吹奏楽の定員は 1 ~ 3 人、管弦楽では 1 人である。吹奏楽やブラスバンドではほとんど B 管と Es 管が使われており、C 管や F 管を使うことは稀 (ブラスバンドでは皆無) である。管弦楽では日本やアメリカなどの場合 C と F の持ち替え、ヨーロッパでは B と F の持ち替えが多い。一般的に管弦楽ではチューバに求められている音域が時代や国、作曲家によって全く異なるため、一人の奏者が楽曲によって判断して持ち替えることが多い。対して吹奏楽やブラスバンドでは同時に複数の調性の楽器が譜面に指定されていることがある。
 このほか、マーチング (演奏行進) やドリルなどでチューバと同等の性能を持つスーザフォンが編成に加わることがあるが、これはチューバとは全く生い立ちの異なる楽器である。またコントラバスチューバの 2 倍の管長を持つオクトチューバという非常に巨大な楽器も存在する。これは最早常人が吹きこなせるような代物ではなく、博物館や楽器フェアなどで目にするのみである。


有名チューバメーカー 3 社へのリンク (英語または独語)
<リンク先で各ブランドに分かれている場合があります>

Meinl Weston (MELTON)
Hirsbrunner
Besson


チューバ雑記帳

 はじめに断っておくが、最近あまりチューバという表記は見られなくなって、テューバと書いたり発音するのが本流になってきている。しかしこの言葉の語源である古代ローマ時代の直管のラッパはラテン語読みでトゥーバなので、本来そう読み書きするのが正解なのだろう。だが私は頑なにチューバと言っている。書くだけならともかく、話す時にわざわざ日本語にはない「てゅ」という発音をするのが、少し気恥ずかしいのだ。
 さて、私は身長 181cm、体重 57kg、体脂肪率は 14% で、俗に言う「ガリ」体形である。体質的には低体温、低血圧、低血糖で、おまけに便秘である。このように吹けば飛ぶような私であるが、何と中学 2 ~ 3 年と高校 2 年の時にはハコでチューバを吹いていたのである。
 当時、私の学校に備品として置いてあった年代ものの楽器は、解説にも書いた「バス」という楽器で、厳密にはチューバではなかった。特に中学校で使っていた楽器は扱いが悪く、楽器というより大型機械のような使い方をされていて、あちこちに大きな傷や凹みがあった。ある時私はこの楽器を徹底的に掃除しようと思い立ち、楽器ケースにキャスターを取り付けて家に持ち帰り、風呂場の浴槽に水を張って洗ったら、アオコが大量発生した沼のようになってしまった。家族には「気持ち悪い」と嫌がられたが、要するにそれだけ手入れもされず、中が汚れていたのである。
 その頃私が吹いていたのはあくまでもバスで、本物のチューバを吹いたことはなかった。しかも手入れの悪い、楽器とは呼べないような代物を使っていたわけで、いまいち自分の音質に納得の行っていなかった私は、ついに他の学校からロータリー式のコントラバスチューバを借りることにした。高校 2 年の夏の地元の吹奏楽祭でのことである。お祭りだから多少失敗があっても許されるし、これでいい音が出せれば、初秋に行われる吹奏楽コンクールでも使ってやれと考えたのである。
 吹奏楽祭の当日、チューバを貸してくれる学校の出番は午前中で、演奏が終って舞台袖にハケてくると同時に楽器を渡してもらう手はずになっていた。私は後輩と一緒に路面電車に乗って市民会館に出向き、舞台袖で楽器と借用書を交換して、汗だくになって楽器を電停まで運んだ。7 月末ということもあり、こういう作業は暑くて重くて嫌だったが、とにかく本物のチューバを吹いてみたくて仕方がなかったのである。私たちは再び路面電車に乗って自分の学校に戻ったのだが、車内が混雑していて他の乗客に顰蹙を買うわ、目的地の電停で降りようとしたら降車口のドアが狭くて楽器が通らないわ (乗車口から降ろさせてもらった)、散々な目にあった。しかも私の高校は急な坂道の上にあるため、電車を降りた時点でヘトヘトになった私たちは、学校まで 1 km もないというのにタクシーに乗って余計な出費をしてしまった。それもこれも本物のチューバを吹くためである。
 そうまでして借りた (返却はもっと大変だった) ロータリー式コントラバスチューバだったが、楽器のクセも何も分からずに舞台に乗ってしまったため、バランス感覚がつかめず音程がメチャクチャで、コンクールについてはあっさり却下になってしまった。そしてそれが私の (本物の) チューバ奏者としての最初で最後の舞台になった。
 現在私が所属しているヤマハ吉祥寺吹奏楽団では、ハコのチューバ奏者は一人しかおらず、次回 (第 17 回) のコンサートに出てくれる人はトラが加わる見込みである。従ってたまに「チューバ、やってみない?」という話が出ることがあるのだが、あくまで冗談半分であって言う方も言われる方も最初から本気にしていない。そもそも私の体形 (体力) では無理と思われているフシもある。しかしほんの (?) 15 年前、確かに私はチューバを吹いていたのである。それは夕食でご飯を 5 膳も 6 膳もお替わりするような、体力があり余っている青春時代の一ページだった。
 ソロ活動ができるほどの腕前を持っているならともかく、合奏体の中でチューバを吹くというのは、他の楽器に比べれば単調な仕事であることは否めない。だがしかしチューバを吹くのは楽しかった。ビートを出して合奏のリズムを支えたり、重厚な音色でハーモニーの根幹を支える仕事は、チューバならではのもので、責任も重大である。殊にトロンボーンと和音構成した時の壮麗な響きは素晴らしかった。他の楽器と同様に、ここにも自分の楽器を愛してやまない人々がいるのだなと、その響きを聞いて思った。何しろチューバ奏者が子供に「ちゅうば」という名前をつけた例だってあるくらいなのだ。管楽器バンザイ!

参考文献:新音楽辞典 (音楽之友社) / 新版吹奏楽講座 (同) ほか
記述:1999 年 11 月



戻る ホーム