国民のための管楽器図鑑

 このコーナーでは、いわゆるオーケストラ楽器と呼ばれるもののうち、主に管楽器についての解説をしています。毎回一つの楽器に絞って、その特徴や演奏に関するエピソードなどを紹介したいと思っています。音楽に詳しくない方にもなるべく分りやすいように、専門用語には用語解説のリンクを設けましたので、そちらを参考になさってください (別ウインドウまたは別タブで開きます)。今月は「トランペット」です。
 音名表記はすべてドイツ音名です。


トランペット
trumpet / Trompete / trompette / tromba / 小号

B または C の楽器
ト音記号
実音の長 2 度上 (B) または実音 (C) に記譜

材質 真鍮製にラッカーを塗布したり、金や銀、ニッケルメッキを施したものなどがある。
お値段 2 ~ 40 万円くらい。
専門的呼び名 ペット。ラッパ。パツラ。

トランペット トランペットは大変ポピュラーな金管楽器で、広く一般に普及している。マウスピース (写真右下) を用いて唇の震動で音を出すのは、他の金管楽器と同様であるが、トランペットのマウスピースは小さい上にリムも薄く、演奏はかなり体力を消耗する。管体はマウスピースを取り外す以外の分解ができないのが普通である。音階は 3 本のピストンバルブを操作することによって奏する。ピストンはマウスピースに近い側から順に 1 ~ 3 番で、それぞれ異なった長さの迂回管が取りつけられている。管長はピストンを開放した状態が最も短く、1 番を押すと倍音列全体の音程が 1 全音分下がる。同様に 2 番では 1 半音分、3 番では 1 全音 + 1 半音分下がるので、この組み合わせで音階を奏するのである。トランペットに限らず、3 本のピストンバルブを操作する金管楽器の運指は、あらゆる楽器の中で最も平易なものだが、一つの運指で出せる音がいくつもあるので、正しい音感と基礎的な訓練の不可欠なことは言うまでもない。
 トランペットは分類的には半管楽器で、管の長さから導き出される最低音の B (C 管では C) は、理論上は出せないということになっている。しかし近代以降では奏者に対する楽曲の技術的要求が高まったこともあり、下記に紹介した音域をはるかに超える音を奏することのできる奏者も数多く存在する。
マウスピース トランペットはホルンと同様にもともとはバルブ装置を持たない無弁の楽器であった。有史以前に見られるトランペットの原形は一本のまっすぐな短管の金管楽器である。この短管の無弁トランペットは、主に宗教的な儀式や世俗的な催事の際に用いられていた (いわゆる戦争のトランペット)。音楽的なインストゥルメントとしてのトランペット (いわゆる音楽家のトランペット) は、これとは別に様々な変遷を経て 14 世紀の終わりには管の長いものが使われるようになる。管が長くなった理由には大きく分けて二つあり、一つは短管に比べて音質が極めて優れていたことと、もう一つは管を長くすることで高音域の倍音列が増え、無弁の楽器でもある程度の音階を奏することができたからである。無論、高次倍音をリップ・スラーでコントロールするには高度な技術が必要で、17 世紀初頭ころまではこうした技術を持つ奏者が王室付きの楽団などで活躍していたのである。しかしその後、音楽が次第に民衆に近いものになるにつれて、そうした秀逸な奏者は少なくなり、音階を奏するためにいくつもの替管が用いられるようになった。
 19 世紀の始めにはバルブ装置が発明されトランペットにも応用されたが、バルブつきの長管のトランペットは倍音が多いために無数の替え指が生まれ、操作性を著しく損なう結果となった。時を同じくして音楽的な価値観も多様化し、楽曲の書かれ方も複雑で技巧的なものとなって行ったために、トランペットは操作性に富んだバルブつきの短管が主流になったのである。しかしトランペットはこれによって長管特有の優美で壮麗な音色を永遠に失うことになる。
 トランペットにはいくつかの調性の異なる楽器が存在する。主として使用されるのは B 管で、次いで C 管が管弦楽で用いられている。トランペットの中で最もバランスに優れているのは B 管である。C 管は B 管よりも輝かしい音色だが音程が優れない。このほかの調性の楽器やロータリートランペットなどについてはリンクを参照されたい (同ウインドウ)。

[Other Keys] [Piccolo Trumpet] [Rotary Trumpet]


トランペットの音域
トランペット (B 管) の音域

Bass 上記の音域は B 管のもので、C 管では実音通りの記譜となる。その他の調性のトランペットも記譜上の音域は同じで、実際に出る音程が異なる。最低音域を奏することは難しく、音量や音質も見込めないので、第 2 オクターブの B (C 管では C) 以下の音を要求する楽曲は多くない。その代わり高音域についての要求は厳しく、上記の最高音より更に数音も上の音を出さなければならない曲はざらにある。トランペットは他の多くの金管楽器に比べると高音域の演奏は容易な方ではあるが、先にも述べたように非常に体力を要するので、長時間連続して高音域を演奏することは奏者にとってかなりの負担となる。
 トランペットはソロはもちろん、管弦楽吹奏楽ジャズ、ロック、ポピュラー、金管アンサンブル、ファンファーレ隊など、あらゆる編成で活躍する。管弦楽の定員は普通 2 ~ 3 人、吹奏楽では 3 パートを 4 ~ 6 人で分担する。このほかに吹奏楽では楽曲によってトランペット 2 パートとコルネット 3 パートを要求するものがあるので、トランペット奏者が楽器を持ち替えるか、またはコルネットのパートをトランペットで代用して演奏している。時には必要に応じてフリューゲルホルンに持ち替えることもある。なお吹奏楽および軽音楽で使用されるのは B 管がほとんどで、その他の調性の楽器が用いられることはあまりない。ただしソロにピッコロトランペットが用いられることはある。
Pocket Trumpet トランペットは「トランペット属」という独立した系統の楽器だが、そのバリエーションは他の管楽器ほどは多くない。一般的に用いられているのは B、C 管や上記のリンクで紹介したものだが、このほかの同属楽器として、F 管のコントラルトトランペットと、B 管のバストランペットがある (写真左上)。バストランペットは普通のトランペットより 1 オクターブ低く調律された大型のもので、テナートロンボーンと同じ音域を持つ。この楽器は音質、音程ともに優れず現在では完全にすたれてしまった。また、軽音楽の分野では、視覚的効果を狙って独自の形態を持つものがいくつか存在する。例えばサクソフォンのような形をしたものや、コンパクトな形状のポケットトランペット (写真右)、バルブ装置を持たず U 字型の抜差管で音階を奏するスライドトランペットなどである。スライドトランペットはソプラノトロンボーンと同じものとして扱われているようだが、トロンボーンはペダルトーンが鳴ることになっているので厳密にはトランペットとは異なる。


有名トランペットメーカー 3 社へのリンク (英語)
<リンク先で各ブランドに分かれている場合があります>

Bach
Schilke
King


トランペット雑記帳

 トランペットは華やかな楽器である。ジャズやポピュラーばかり演奏するようなステージでは、トランペット奏者は立ったり座ったり前に出たり引っ込んだりと、大変忙しそうである。最近の曲は高い音ばかりなので、トップの奏者はしんどそうだが、それと引き換えにお客の拍手や歓声をもらうのだから、演奏にも熱がこもる。
 それに比べると私の吹くトロンボーンの仕事は若干地味である。以前トラで吹いていたユーフォニウムはもっと地味である。しかしこれはつまらないという意味ではない。舞台の前でスポットライトを浴びながら大ソロを吹くのも歓びなら、それを絶妙の呼吸でサポートするのも大きな歓びなのである。どちらを選ぶかは価値観の問題だし、またどちらかが欠けても演奏は成り立たない。
 私が友人数人と連れ立って初めて吹奏楽部に見学に出かけ、好きな楽器を選べと言われた時に、トランペットは人気があってすぐに定員になってしまった。私は昔から性格的に矢面に立てるタイプではなかったので、最初からトランペットは自分には向かないと思っていた。これは今でも変わっていないと思う。アガリ症で、ソロがあると 1 年前から騒ぎ出す私にトランペットは無理である。数人で息を合わせてきれいなハーモニーを奏でるトロンボーンを選んだのは、私にとって絶妙の選択だった。
 トランペットは管弦楽でも吹奏楽でもかなりしんどい仕事を受け持つ楽器だが、殊にひどいのはマーチング (演奏行進) やドリルである。マーチングとは楽曲を演奏しながら行進するもので、パレードなどで警察や消防の音楽隊がよくやっている。軍隊などで見られる行進と同じく、一糸乱れず整然と行うのが決まりである。ドリルとは演奏しながら舞台上や屋外で様々な陣形を描くもので、平たく言えば人間万華鏡のようなものである。これらには管楽器と打楽器のほか、バトン隊やチアリーダーが加わることもある。大学ラグビーの試合の合間などでご覧になった方も多いだろう。
 これらのプログラムのキツさと言ったら尋常ではない。ドリルに至っては曲の決まった場所に何ヶ所も「コマ割り」がしてあって、楽器を吹きながら定位置に向かって走ったり、コマの位置で踊ったり、人の肩に乗っかったり、果てはスーザフォンを振り回したり、息つく暇もない。血気盛んな学生時代には何とかなっただろうが、三十路を越えた現在、もしドリルなどやったら数分もしないうちにぶっ倒れるに違いない。舞台上で行うドリルを「ステージドリル」と言うが、これは照明なども加わってとても華やかなものである。酸素不足で意識が朦朧とする中で、お客の歓声や口笛を全身に浴びながら、半ば半狂乱になって舞台上を駆け回るのは、正直言って非常に心地良い。時々仲間と「やってみたいね」と話すこともあるが、酸素不足で死に至ってはコトである。いくら本番後のビールがうまいと言っても、命あっての物種、話だけにしておいた方が身のためである。
 管楽器を演奏する上では、華やかさや派手さの代償として体力が求められる。演奏技術は当然のことだが、最後までもたなければ意味がない。トランペットはその中でも最も過酷な楽器の一つと言うことができる。

参考文献:新音楽辞典 (音楽之友社) / 新版吹奏楽講座 (同) ほか
記述:1998 年 8 月



戻る ホーム