⓪導入

今年(2009年)の桜は寿命が長くて、3月21日に開花宣言してから3週間も経つというのに、東京の桜はまだ咲いています。特に都心より少し咲くのが遅い多摩西部では、木によっては満開のものもかなりあります。気温もだいぶ上がってきたので、草木が伸びて藪がひどくなる前に、妻と一緒に廃線歩きをしに奥多摩まで行ってきました。「線路を歩こう。」の第3弾は、東京都水道局小河内(おごうち)線、通称「水根貨物線」です。

 


 

羽村山口軽便鉄道のレポートでも少し触れましたが、近代の東京では、爆発的な人口増加によって水不足が深刻な問題になっていました。渇水期にも安定的に給水できるよう、「東京市第一水道拡張事業」として大正末期から昭和初期にかけて村山貯水池や山口貯水池が造られましたが、それでも急増する水需要には追いつかないため、多摩川上流に大貯水池を設け、東村山浄水場に送水することが決まりました。これを「東京市第二水道拡張事業」といいます。

計画当時、日本で最も高いダムは76mで、世界的にもアメリカ以外に120mを越えるダムは存在しませんでしたが、西多摩郡小河内村(当時)に建設されることになったダムは何と高さ149m。東京市水道局(以下東京都水道局と表記)としてはもちろん、国家的にも大プロジェクトであったろうことが容易に推察できます。

小河内貯水池は 1938年に建設が始まりました。戦争や社会紛争による一時中断を経て、1952年にはダム堤体のコンクリート打ちに使用する大量のセメントや骨材を運搬するため、氷川駅~水根駅(6.7km)に専用鉄道が敷設されました。これが今回紹介する小河内線です(氷川駅は1971年2月奥多摩駅に改称。以下原則として奥多摩駅と表記します)。

奥多摩駅~ダム堤体建設現場は水平直線距離で4.5kmほどですが、多摩川上流にダム建設資材を運ぶという小河内線の役割上、終点駅はなるべく高い所に作る必要がありました。このため奥多摩駅を出た線路は、栃久保と呼ばれる集落を大きくループするなどして距離を稼いでいますが、起点と終点の標高差が170mもあるため、最急勾配が30‰にもなってしまいました。

小河内線の建設は東京都水道局から委託された国鉄が実施し、建造物は国鉄規格で作られました。そのため軌間は国鉄在来線と同じ1,067mmで、丙線規格の路盤となっています。完成後は東京都水道局が直轄で保守や運転を行いました。30‰という過酷な勾配に加え、隧道や急曲線が連続するため、劣悪な労働条件を懸念した国鉄労組が運転を請け負うことに反対したそうです。

今回線路を歩いていたら、確かに隧道内に30‰の勾配標が残っていました。貨物満載でこの勾配だと、小河内線で使用していたC11形蒸気機関車では自転車程度の速度しか出ないでしょうし、空転でも起こして止まろうものなら、起動不可となってバックするほかありません。もたもたすれば隧道内に煙が充満し、乗務員が酸欠で倒れてしまいます。

 


 

以下に小河内線の路線図を掲載します。赤い線が地上区間(橋梁含む)で青い線が隧道です。疎水隧道は緑色です。画像をクリック(タップ)すると、ご覧のデバイスに合わせた解像度でLightbox表示します。原寸で表示する場合は、画像を右クリック(長押し)して、別ウインドウまたは別タブで開いてください。

小河内線路線図

↑小河内線路線図。

 


 

小河内貯水池は1957年11月に竣工しました。遡ること同年7月に湛水が開始され、5月には資材運搬を終えた小河内線が運転休止になっています。

上記のように、小河内線はダム建設資材運搬のために敷設されましたが、将来ダム湖(奥多摩湖)が観光拠点になることを目論んで、旅客鉄道に転用できるよう最初から電化規格で造られています。1963年、観光開発に長けた西武鉄道に路線休止のまま譲渡されましたが、都民の重要な飲用水源である奥多摩湖周辺の開発が禁止されたため、1978年には奥多摩工業に再譲渡され現在に至っています。路線はあくまで休止で、廃止ではありません。

奥多摩工業(株)は、戦前まで奥多摩電気鉄道(株)という社名で、現在のJR青梅線の御嶽~奥多摩の鉄道敷設を行っていました。完成間近の1944年、私鉄の戦時買収により事業免許が国に移ったため、その3ヶ月後に同区間は国鉄青梅線として延長開業しています。現在、奥多摩工業は石灰石関連製品の製造や販売を行っていますが、30年以上もの間小河内線を塩漬けにしておく理由は不明です。ハイカーで賑わう休日はまだしも、平日は青梅線(青梅以西)ですら超閑散線区なので、まさか小河内線で鉄道事業に再参入しようなどとは考えていないでしょう。いずれ新しい採石場を開発した時に、運搬用の曳索鉄道でも通すつもりなのかも知れません。

今回の探訪区間は隧道ばかりなので、紹介する写真も単調です。また、同じ理由で上空から俯瞰しても見えないため、航空写真もほとんどありません。写真を並べてコメントを入れただけのレポートになってしまいました。探訪中の現在地点の把握については、隧道が多かったため携帯電話のナビ機能が使えず、不正確な箇所があると思います。ご了承ください。

探訪は2009年4月11日(土)と4月16日(木)の2回に分けて行いました。迂回等により撮影日時が前後している場合があります。

 


 

注意

小河内線の路盤は全線に渡って多くの施設が比較的良い状態で残っていますが、非常に険しい地形のため危険箇所が多く、不用意な探訪はお勧めしません。私が歩いている時にも落石が数回ありました。また、一部の橋梁は高所に架かっている上に枕木が腐っているので、絶対に渡るべきではありません。自分は渡ったくせにと思われるでしょうが、転落した場合は間違いなく死にます。私は渡ってしまったことを深く後悔しており、もう二度と渡りません。

 


次へ