⓪導入

2009年3月11日、以前から行きたかった西武鉄道安比奈あひな線を探訪してきたので、「線路を歩こう。」シリーズとしてレポートします。天気は薄曇りで写真を撮るにはちょうど良かったのですが、あまり体調が良くなかったので、全部で7.3kmほど歩きましたが結構きつかったです。

 


 

安比奈線は西武鉄道の貨物線で、南大塚駅~安比奈駅の3.2kmを単線で結んでいます。入間川で採取した川砂利を運搬するため1925年2月に開業し、1949年2月に電化されました。その後、1967年に入間川の砂利採取が禁止されたため、列車が運行されることはなくなり、路線も休止したまま放置されています。

ここでミソなのはあくまで休止であって「廃止」ではない点です。かつて西武鉄道には新宿線の西武新宿~上石神井を複々線化する計画があり、南入曽車両基地だけでは容量が足りなくなってしまうため、安比奈線を使って新しい車両基地を建設することになっていました。複々線化計画は、のちの景気悪化や少子化の影響で頓挫しましたが、車両基地の方はいずれ実現するようです。そのため、安比奈線も完全に放置されているわけではなく、それなりに補修などの整備がされているようです。車両基地の設置とともに、地元川越市では旅客線としての復活を期待しているようで、新駅の設置や的場駅(JR川越線)への延伸などが答申されているそうです

下記の写真は1948年〜1995年の航空写真と地理院地図を順に並べたものです。Lightboxで連続表示すると変遷が分かりやすいと思います。

※2009年3月時点の情報です。西武鉄道安比奈線は2017年5月31日をもって廃止されました。

 


[安比奈線付近の変遷]

1948年

1948年航空写真

1964年

1964年航空写真

1995年

1995年航空写真

地理院地図

地理院地図

 

上の写真のうち、安比奈線の全盛期と思われるのは1964年で、線路や駅の様子がとてもはっきり写っています。このころは八瀬大橋や関越自動車道の影も形もありません。国道16号を踏切で交差していますが、当時と今では交通量は雲泥の差です。今もし国道16号に踏切なんて作ったら、大渋滞が起きて苦情が殺到するでしょう。

地理院地図には安比奈線の路線図を書き加えました。先端の「簡易軌道?」と書かれた部分は、安比奈駅からさらに河川敷へ伸びていた線路で、砂利の積み込み基地が存在したものと思われます。

 


 

ところで、西武鉄道には安比奈線以外にも川砂利運搬のために敷設された路線がいくつかあります。その中で現在も唯一営業が続けられているのが多摩川線で、本来は多摩川の砂利採取のために敷設された路線ですが、現在はもっぱら通勤線として使われています。貨物線だったことから他の旅客線(京王線や南武線)との接続が図られておらず、武蔵境から都心へ向かう以外には非常に使いにくいものとなっています。このほか池袋線の元加治駅から入間川を結ぶ線もあったそうですが、こちらは延長が3kmに満たないので、側線扱いではなかったかと推測しています。

関東大震災や第二次世界大戦からの復興に始まり、高度経済成長に至るまで、建設材料として夥しい量の砂利が河川から採取されたそうですが、それによってさまざまな環境的問題が起こってきたため、1970年ごろまでにはほとんどの河川で砂利採取が禁止されました。安比奈線沿線では、現在も八瀬大橋付近の私有地で採取が続けられていますが、輸送は大型ダンプカーに頼っているようです。

 


 

安比奈線の探訪を紹介したサイトはかなり多いのですが、ほとんどが南大塚から安比奈へ向かう行程で書かれているようなので、今回の探訪では逆に安比奈から南大塚まで歩いてみました。

探訪中の現在地点の把握には、携帯電話のナビログ機能を使いましたが、必ずしも正確ではありません。あらかじめご了承ください。サムネイル写真をクリックすると大きな画像を表示することができます。写真の下にある位置マーカーをクリックすると、別ウインドウまたは別タブで撮影地点の地図を表示することができます。地図サイトはYahoo!地図を利用しています。

 


次へ